FC2ブログ

NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/トーハツ 3B2 2st8馬力(2017/6/9乗せ替え)

ROB23/HONDA BF2

沖釣りメイン 離岸提・おかっぱり等。

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

2018-05-12 50cmの真鯛を釣りましたので60upを目標とします。

カウンター

2019/05/19 05:00-09:30 表層17-17.5℃

昨日は所用の為出られず。

海況もよかったらしく今朝とは大違いだった模様。

今朝は買出しのコンビニの時点で旗がなびいてて予報が外れてますやん・・・

10:00頃まで南風微風な予定で10時撤収のつもりだったのに。

現地についても変わらず。むしろ強すぎじゃないかな?

まぁ南風なんで出るだけ出てみますかと言う事で準備。

IMG_3291.jpg


準備中に昨日70オーバーのマダイ釣りましたよと教えて頂き結ぶ仕掛けもより丁寧に。

沖に出ようとするも風波が邪魔でゆっくりと現着。

2km/h超えで流されるのでパラシュートアンカー投入。
本日はお一人様釣行なのでパラシュートアンカーも初セルフ。

パッと開いて0.5-1.0km/hくらいとまぁ釣りになりますなぁと言う事で
開始するも2時間ノーバイト。

海底付近に反応が濃いですがこれはなんなんだ?

魚探の読み方がイマイチわからず何かしらのベイトがいるのがわかる。

そんな中で巻き上げ即バイトがあり眠い目もパッと覚めるもフッキングまでにはいたらず。

そんな中で今度は5mくらい巻き上げてのバイト。

これも針掛かりにはいたらず。

そして7:30頃に待望のひったくる様に押さえ込んで下へ下へと引き込んでhit

これはもしかしたら今朝聞いたくらいのサイズのやつ?とまたもや
目ボケながら巻いてたのも目が覚めてだいぶ走るので少しずつドラグを効かせようと
した時にプツリと高切れ・・・・

前夜リーダー巻き直してPEも10mくらい切ったのになぁ。
リーダーから3mくらいの所での高切れでした。

うーん。

逃した魚はでかかった。

その後流し直すも海底付近の反応も無くなり相変わらず風も強いので
小一時間調査しようと思っていたマゴチは次回に持ち越して沖上がり。

上陸後、リーダーを切られた方も居られたようでお魚さんの活性はよかったようです。

アタリ2回にフッキング1回と見せ場はあまり無かったですが
次回は無事取り込んでみたいものだと思います。


魚探の見方がわからないのでわかる方教えて下さい。

IMG_3292.jpg

これは帯はベイトで魚群はベイトについてる魚だと思うのですが
時期的にイワシでタイの群れもしくは青物の群れと読むのが正解なのでしょうか?

最近、界隈ではマダイが好調なようです。

タイがこんなに群れるのか?そういうのもわかってないのですが。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(4) | 20190519132243 | 編集

2019/05/11 05:00-10:30 表層14.5-15.5℃

本日はお一人様釣行の為去年からホタルイカの沸く時期に
ホタルイカで釣りをしたらさぞかし釣れるんだろうなぁ~と
この日の事を楽しみにしていたのでそそくさと出航。

その前に少しだけタイラバを。

小一時間でカサゴが1尾。

とりあえずは釣り味も楽しんだ事だしと切り上げて
せっかくの餌釣りなんでいつもやらない深い場所を
えさでやったら釣った事がない魚が釣れるんではなかろうか?
と言う事で120-150mラインへ。

海上保安庁さんがちょい沖合いで周囲にいる5-6艇を観察しているようで
臨検されるのかな?と思いながら穂先を眺めていたら東に移動されていきました。

しばらく流しながら底取りをしていると待望の当たり。

しかし引き込みが無いので餌を確認すると無傷な様子。

この時期のホタルイカなら即食い込んでくれるのでは??
なんて夢物語だったようです。

イカゴロの匂いのキツイ去年物はなおさらいけるだろうと
マメに交換しては落として見ますが下針をサクッと切られたのが1回だけで
当たりらしい当たりもその後無く80mラインやら30mラインも流してみますが
当たりも無くで先日マゴチが釣れたので少し早いか?と思いながらも
マゴチ調査へ。

ベイト反応がすこぶる良いので期待しましたが25cmくらいのソゲのみで
当たりも無く、キス釣りの船も出てないのでもう少し後かなと言う感じでした。

IMG_3286.jpg

波も無く非常に海況もよかったですが釣果寂しくでしたが
沖上がり後聞いてる話ではカサゴにメバルにマダイまで。

賑やかだったよ~と言う話を聞くと同じ海に浮いていてこの差はなんだ?
と狙う水深がまだまだ早かったのか場所もわからず流しているので
この釣りはまだまだ時間が掛かりそうですが何か足がかりが欲しい所です。

撤収中になんと同じ日に船舶免許の学科受けてたんですよと言う方と
話す機会がありこの方で2名目。

世間は狭いと思うと同時に出す場所も限られているので釣りをしていれば
会う機会もそりゃ増えるよなぁ~と。

船長さんになるかならないか?悩んで居られたんですが
出来れば免許のいる船の方がおススメですよと2馬力から
乗せ変えた自分は思いますしポイントは沢山周れる方が楽しいのと
海況が変わった時は馬力に任せて帰れるのが魅力。

最初の予算取りが大変ですが後から自分の時は結構な追い銭になって
財布のダメージがでかかったですから。

後はボートエースからFRP9.8馬力艇に乗り換えますよと
おっしゃってた方も居られて出航場所はこれからどんどん
賑やかになりそうです。

ゴムボートの方も増えてきて出航場所はこれからどんどん船長さんが
増えていくようで自分に釣れる魚も残しておいてくださいね。

IMG_3287.jpg

関連記事 [沖釣り(餌)]
沖釣り(餌) | コメント(4) | 20190512092733 | 編集

2019/05/05 07:00-10:30 表層14.5-15.0℃ 

携帯のアラームをセットし忘れて目を覚ましたのは早朝5時。

すでに明るい窓の外。

やってしまった・・・今日はやめようかな?

と一瞬だけ思いましたが明日は風が強くて出れないだろうな・・・

と思うと干潮から上げの時間に何か良い事起きるんじゃなかろうか?

ポジティブシンキングで出発。

道も空いていて出航場所に着くと多くの方が出ておられる感じも無く
少し寂しい感じがしました。

IMG_3266.jpg

エンジンに鞭を入れてポイントへ。

反応はあれども当たらず。

流れもあり当たってもいいんじゃないかな?と思いながら
しばらくで小さいカサゴがhit。

自力で戻れないようなのでクーラーへin。

浅い場所から深い所まで流して見ますが底の方に反応はあるのですが
当たりもないまま時間だけが・・・

深いところのまだ先の130m位の所も流しては見ますが
底の方に反応がある所も綺麗にスルー。

GPS読みで岸から3.5km位の場所のようなので
次回単独の際には電動+ホタルイカなんてのも試してみようかなと思いました。

先日つけたスタビライザー

効果はありましたが以前から魚探の水深ロストを抱えていましたが
エンジンのノイズだと諦めていたのがスタビライザーが無いときに
調子いいなぁ~と思っていた所へ今回の取り付けでロスト多発。

滑走時に見ていると振動子にスタビライザーにより逃げ場を無くした
水流がぶつかってる感じでしたのでこれが原因か!と
約1年掛けて気づきました。

トランサムにアルミ板で補強してボルト止めしかないのかなと言う感じで現在悩み中。
つけたところで水流の影響を受ける可能性を否定できず

スタビライザーをつけなければ多分、魚探は問題なさそう。

振動子を固定すると毎回、本体と振動子のコネクタを外す作業が出てくるので
手間といえば手間。

船に魚探をつけっぱなしと言うのもトレーラーの振動で
壊れたりしないのかな?と心配の種が増える。

とりあえずスタビライザーは取り外して空いてる穴は
ポリカで出来てるボルト・ナット・ワッシャで塞いでおきました。

釣果は寂しい

悩みが増えた。

早起きしなかったからでしょうか?

IMG_3268.jpg




ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(6) | 20190505163844 | 編集

2019/05/04 05:00-09:30 表層13.5-14.5℃

今日は珍しく弟と釣りに出てみました。

船でやるのは初めてながら乗り物酔いはしないと豪語。
羨ましい限りです。

沖堤防を越えると若干ウネリがある中出発。

IMG_3262.jpg


2人とも育ちすぎてるので船のスピードが出ない中ゆっくりポイントへ。

海の中は反応はあるのですが釣果には恵まれず。

ホタルイカの寄りが悪いのもあってかメバルポイントも反応が無くなっていました。
そんな中でも弟がメタルジグに小さなスルメイカがhit。

釣れてるのは見たりしたことがありましたがメタルジグでイカは初めてみました。
群れらしき反応がありましたが移動。

そんな中浅い場所へ移動すると海の中の反応がいい場所に。

IMG_3263.jpg


自分にhitするも途中でバラシ。

魚種はわからないものの良型っぽかったので残念。

釣果に結びつかずで大きく移動。

アマダイをよく釣ってたPに何かいないかな?と移動すると
弟に良型のホウボウ。

なにかしらと思いながらポツリと釣ってくれて肩の荷が下りました。

その後も浅い所まで移動して弟に小さいながらも今年の初マゴチ。

そろそろ調査してみようかなぁと言う感じに思いました。

9時くらいから北風が強くなる予報でしたが予報通りの風が吹いてきたので
弟は名残惜しそうでしたが、またの機会にと言う事で納竿。

IMG_3264.jpg

小さいながらも白子があったようでこれから楽しみです。

明日も出れたら出たい所ですが何を狙えばいいのやら
折角の連休も残り僅かながらわからないなりに彷徨ってみたいと思います。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20190504194415 | 編集

2019/05/03 

以前まではヤフオクで個人の方が作られた
ステンレスのスタビライザーを使用してましたが

角の処理が甘くウェーダーに穴が開いたりとちょっと神経質に
なる事が多かったのと穴あけ・挟み込んでの2通りでの固定方法でしたが

穴を開けるとなるとステンレスですし失敗は許されんなぁ・・・
と思っていた所に以前読ませていただいた記事を思い出して
暇に任せて製作から取り付けまでチャレンジしてみました。

自作スタビライザー(制作編)

よくコメントを頂いているたぬき丸さんの記事ですが同じトーハツのエンジンと言う事で
丸パクリでいけるんじゃねーかな?と淡い期待の元カーマにアルミの板を探しに行った所
無事発見したので3時間もあれば出来るだろうと製作から取り付けまで。

100均にて、鉄ノコとヤスリに4.2mmのドリルの歯を購入。

作業台に電ドリやバイスの類は家にあったので気軽にチャレンジ。

説明どうりに加工を進めてみました。
アノードの場所の切り抜きの所はマジックソーが無かったので
角を10mmのドリルで抜いてからジグソーでバリバリいって切り抜きましたが
基本的には鉄ノコとヤスリで十分仕上げまで出来ました。

グラインダーで面取りと整形しようとサンドペーパーの付いたグラインダーの替え刃も
購入して備えましたがヤスリで事が足りました。

IMG_E3257.jpg

記事の通りに型紙も製作

IMG_E3260.jpg

エンジンのキャピテーションプレートに穴を開けるのが一番緊張しました。

穴を開ける位置に迷いましたが写真が少し端の方に開けておられたので
それに習い割れてきたりしないのか?

少し気になりましたがこれも勉強と言う事で真ん中の方に罫書いてましたが
端に寄せて開けました。

なかなか見れる位の出来栄えには作れたかなと思います。

バイスの跡等ありますがそこは自作で海の中に入るものなので
あまり細かい事は気にしないで完成です。

IMG_3259.jpg

A5052材で作ろうか迷いましたが材質が若干固い記憶があったので
この材料で加工のしやすさを考えたら十分だったような気がします。

スタビライザーは滑走に入るまでの時間が短縮するので
以前から重宝していましたが自作品で穴あけまでして取り付けたので
以前のように効果を発揮してくれるものと期待して次回の釣行が楽しみであります。

トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(2) | 20190503210804 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2019 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天