FC2ブログ

NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/トーハツ 3B2 2st8馬力(2017/6/9乗せ替え)

ROB23/HONDA BF2

沖釣りメイン 離岸提・おかっぱり等。

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

2018-05-12 50cmの真鯛を釣りましたので60upを目標とします。

カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

2019/01/12

NEO330を譲って頂いた際についてきたホンダBF2

NEOがL足の為当然のごとくL足のBF2

17年製造だったと記憶してますが譲り受けて1年使用してから
BF6に変更して船検を取り馬力不足で2st8馬力に乗せ換えと
激動の2年間でした。

「安原エンジンサービス」さんにて一通り点検してもらったのもあり
あと1-2年は難なく使えるであろうと言う計算の元

ボートエースROB23につけるエンジンを作ろうと思い立ち
安原エンジンサービスさんに相談して
中古部品にてS足に改造するセットを作って頂いて作り直す事にしました。

安原エンジンサービスさんに改造した記事があり
割と簡単に出来る感じであったのが作業のきっかけではありましたが
そこは年数のたったエンジンだけあって少々の苦労がありました。

まずは交換する部品およびパッキン

IMG_3013.jpg

S足のシャフトとL足のシャフト

IMG_3020.jpg

結構な長さの差があります。

アノードが付いてる部分のゲタを抜いてシャフトの差し替えが作業になります。

IMG_3014.jpg

ギヤオイルを抜いてギヤケースを開けます。

IMG_3015.jpg

ゲタを外した後にこの部分にゴムのブッシュがあるのですが
塩噛みやらなにやらで外すのに一苦労しました。

IMG_3017.jpg

1番の難関だったのがすんなり抜けるはずのシャフトが全然抜けて来ない件

IMG_3018.jpg

安原エンジンサービスさんにヘルプの電話をすると
「長い間外さないと固着して抜けない事があって
溶接でナットなどを溶接して引っこ抜く事がある」

ハンマーで叩いて外すのはおススメしないなぁ~
というお返事でしたが溶接機など無いし
鉄工所のツテも無いのでハンマーで4方から叩くことしばらくで
スコンと抜くことが出来ました。

IMG_3019.jpg




歯ブラシにて念入りに塩を落としてシリコンスプレーをぶっ掛けてゴムブッシュを挿入

IMG_3021.jpg

シャフトのエンジン側のギヤ部分にはモリペースト500を懇ろに塗り固着防止。

今回のS足改造によりお役御免となった部品たち。

IMG_3024.jpg

後はなるように組みつけて行くだけ。

IMG_3022.jpg

少々外さなきゃいけない部品もありそういうのに限って塩で固着してましたが
マイナスドライバーなどで破壊して強引に外しました。

組み付ける前に手回しにてペラが回せるか確認。

IMG_3023.jpg

最初の状態に比べて若干固い気がしなくもないが・・・

手では回せるしスターターロープでエンジンを回す分には固さも感じず。
これでいいのか?若干不安はあるけれど比較対象が無いのでとりあえずは組み付け。

粉を吹きまくったアノードを自宅前のアスファルトにこすり付けて地金出し。

IMG_3026.jpg

上等でしょう。

まだしばらくは戦えそうです。

今回の交換時にかき出した塩達。

IMG_3027.jpg

これくらいの塩が別場所にもあるので結構入っていますね。

IMG_3028.jpg

ギヤオイルを入れる時間がなかったので近日中にギヤオイルを入れて
エンジン始動させてプロペラを回してみたいな!と思います。

完成すればあんな所もこんな所も行ける様になりそうです。

多分、弟が使うことになりそうではありますが。

BF2もトーハツ8馬力もNISSANステッカーの古い品物

狙って買ってる訳ではありませんが
NISSANマニアでもありませんが何かのご縁があるんでしょうねぇ。

あとはアマダイの仕掛けを作ったりタイラバの針を結んだり
仕掛け作りに勤しみながら夜間航行灯の準備なども進めていければと思います。

早く冬が終わりませんかねぇ。
























トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(6) | 20190113014556 | 編集

2018/10/04

毎週の様に台風が上陸して縦断していくのが当たり前のようになってるイカシーズンです。

それも土日や3連休目掛けて。

ただでさえイカ釣れなくて毎年苦労してるのにシーズンも出れないのではあまりにも寂しすぎます。

雨の日に嫌な事は船の中に雨が溜まる事。

基本的に出航時はウェーダー穿いてますんでジャケット着るのみ。

雨の中でも釣りをするのはそんなにも苦にならないのでビルジを処理するには
ビルジポンプを備えればスイッチポンで排水出来る。

何かいい方法は・・・とブログを彷徨うと・・・・

ありました。

1.5Vのアルカリ乾電池8本直列に繋いで12Vにして
ビルジポンプを動かすと言うことをしておられる方のブログを発見しました。

防水タッパーに乾電池ケースやスイッチをつけて携帯型にする方法がズバリです。

いい事はマネしなければと言うことで早速ビルジポンプをポチッと。

IMG_2770.jpg

さて引き返せないので何とか形に。

100均の密封タッパーに穴を開けてビルジポンプの配線を引き込みグルーガンでコーキング。

IMG_2779.jpg

乾くの待てないしコーキングは密封するの面倒なので配線露出部分は全部グルーガンでコーティングしました。

スイッチはムサシに無かったのでアマゾンにて。

後日、カーマにて発見しましたが大して値段変わらずでした。

IMG_2781.jpg

後は直列8本の電池ケースに配線をハンダ付けして(ケースがプラスティックなので炙り過ぎると溶けてしまいます)
実際1つダメにして新たに購入しました。

配線露出部分をグルーガンコーティングしてとりあえず完成となりました。

電気に弱いので配線を失敗して電池が異常過熱したりとヒヤリもありましたが
スイッチは回路を遮断する物だと言うことを考えると無事配線完了しました。

ポンプの排水も勢いがよく3連休にもしも心配事が雨降りだけという状況な場合
躊躇なく出航してしまうことでしょう。

シーズンも中盤になり何回イカ釣りに行けるか?

わかりませんが雨を理由に窓から外を眺める事は減りそうです。




トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20181004223231 | 編集

2018/08/05

ここ2‐3回の釣行で移動時はほぼ全力で走らせる訳ですが
以前は2人乗船で20-23km/hくらいは出ていたんですが15-6km/hくらいの
速度しか出てなくてたまに20km/hくらいのときもあるにはあるのですが
潮や風の按配もあるかなと思いながらいましたがちょっと簡単な所から
見直して見ようと思いプラグ交換をしてみました。

IMG_2706.jpg

30年物のプラグでしたが1年間頑張っていただきました。

この約1年間にどれだけ釣行したのか数えるのが面倒なくらいに出ていたと思います。
移動は全速力で1年の括りの割には使用してるような気もします。

2スト8馬力は2気筒なので2本のプラグ。

1本確か250円くらいだったと思います。

これで最高速も戻ってくれば年1交換のサイクルにしていければと思いながら交換です。

IMG_2707.jpg

左:新品 右:交換品

あまりギャップに差はないような気がしますが0.5mmくらい交換品のギャップが広いように見えました。

錆びも見えてきたので交換とします。

IMG_2708.jpg

上と下で色が違うのは上は搭載工具の中に入っていた予備のプラグ(30年物)
に買い足した最近の純正プラグ(下)となったので色は違いますが型番は同じなので
まぁ大丈夫でしょう。

本当は潮抜き前に交換しておけば試運転にもなってよかったのですが
昨日は疲れからかさっさと潮抜きして眠りたい・・・と言う事で今朝の作業になりました。

新品プラグはパッキンを潰すので手で締め上げて固くなった所から180°ほど増し締めするようです。

車やバイクなどでは交換しましたが船外機は初めての作業。

船外機によって増し締めの角度は変わるかと思いますので取り扱い説明書を
読んでからの作業でお願いします。

トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180805111417 | 編集

2018/4/15

先日、修理に出してたギヤケースがベアリング交換されて戻って来ました。

結局、ドライブシャフトも変形と言う事で交換となり

ベアリング3個焼き付きにシャフト変形と予防的にベアリング1個交換
オイルシール交換と言う事でほぼギヤケース内のオーバーホールとなりました。

ベアリング交換工賃1箇所1080円と1個については粉々にして外していただいたにも
係わらず1080円はいいのかな・・・と手間考えたら助かりました。

オイルシール交換も1080円と言う事で高くついたのがドライブシャフトと言う
これさえなければ・・・まぁこれで安心して出る事が出来るので良しとしなくては。

さっそく届いたギヤケースにギヤを嵌めていきます。

IMG_2529.jpg

ギヤ/ベアリングにはヤマハグリースAを塗っておきます。
初回は1回海に出たらギヤオイル交換して漏水検査ついでに
オイルも流れてしまう事だと思います。

新しいドライブシャフト

IMG_2528.jpg

前のシャフトはボールベアリング下も筒がベアリングになってましたが
現行品は回らなくなってます。

ニードルベアリング交換とあったのでもしかしたら仕様変更になってて
どの道交換しておいた方が良かったのかも知れません。

新旧Oリングは左が旧品
触り比べるとだいぶ硬化してます。

IMG_2530.jpg

1年使用のインペラも角が若干欠けてました。
やはり触り比べると若干硬く弾性も無い気がしました。

IMG_2531.jpg

サクッと交換です。

ガスケットも交換してポンプケース組み立ててドライブシャフト装着。

IMG_2534.jpg

ポンプケースについてたゴム製品も硬化始まってまして交換です。

30年前の部品はやはり30年の時間を過ごしているようです。

シャフトの先にはモリペースト500

IMG_2533.jpg

ホダカにて発見!さすがプロショップ。

助かりました。

交換したパーツリスト

IMG_2532.jpg

すべてでは無いかも知れませんが。

組み立ててプロペラ装着!

最後は忘れずに。

IMG_2537.jpg

ギヤオイルを忘れずに入れていざ試運転。

寒いから掛かり難いですが無事に検水確認。

ギヤを恐る恐る前進・後進。

スムーズに回転して一応の組み上がり確認。

エンジン止めてニュートラルも確認して無事終了。

組み上げに1時間半くらいでしょうか。

あとは海に出てシャフト/ベアリングの慣らし(いるのかな?)

オイルシール等からの漏水確認出来ればGWは安泰。

来週出れたら試運転したいです。







トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180415203845 | 編集

2018/4/7

部品も到着し原因と思われるオイルシールの交換及びOリングの交換を
チャレンジしてみました。

ロワポンプケースの30年前のオイルシール

IMG_2517.jpg

現行のオイルシール

IMG_2522.jpg

見た目は年数を感じさせず手触りも硬さはあまり変わらないので
そのままいこうかと思いましたが年数が経ってるのはやはり不安があるので
高い部品でもないので交換します。

ここのオイルシールは簡単に交換出来ました。

ここが一番怪しかった部分でシフトバーがギヤケースまで通る部分で
この部品の下はギヤオイルが密閉されるギヤケースになる部分。

ポンプケースとギヤケースの蓋になる場所なんですが

IMG_2520.jpg

30年前は粘度の高いグリスで止めていたようでそこからギヤケースに
海水が入ったりしていたのかなと推測してます。

なんでそう思ったかと言えば

IMG_2521.jpg

現在はOリングを入れてパッキンとしているのがパーツリストでわかったので
シフトを前進・後進している事でグリスがパッキンの役目を果たさなくなり
海水や水がギヤケース内に入りギヤオイルが白濁したのではないかなぁ?
と思いました。

しかし開けたついでにプロペラ側のオイルシールも交換しようと
プロペラシャフトハウジングを外しましたが・・・

IMG_2519.jpg

見た目は不具合なく使えそうでそのまま行こうかと思いましたが
なにせ30年前のものでついでに現行型に交換したいと思い外そうかと
試行錯誤してみましたが反対側にギヤ及びベアリングがあるんですが
まず外す知恵・統べ・道具を持ち合わせて無くオイルシールを外す事が
現在の腕では無理と判断。

どうにでもなれ!は中にメタルがあり真鍮製と思われるため
今回はプロに任せた方がいいと判断したのでパーツを注文した
滋賀県のお店に現在見積もりを取っています。

パーツで送れば送料も安いので工賃が安ければいいなぁと思います。

ちょうど発注のパーツが間違えて送られた物もあるのでちょうど交換も兼ねられて
ちょうどいい感じになりそうです。

ギヤケース内部のギヤも焼けもなさそうでベアリングの錆までは確認出来ませんが
その他目視出来るベアリングに異音・錆が無さそうなのでオイルシール交換・Oリング追加/交換で
組み付けて少々プロペラを回してからギヤオイルの交換などで様子を見ていければと思います。

IMG_2516.jpg



トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180407224740 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2019 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。