NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/トーハツ 3B2 2st8馬力(2017/6/9乗せ替え)

ROB23/HONDA BF2

沖釣りメイン 離岸提・おかっぱり等。

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

カウンター

2017/06/24 04:40-11:00 表層20℃

予報によると朝は南風微風で波もたたない感じの朝のはずでしたが
現地に着くとまさかの北風ちょい強い感じで上もどんよりした感じ。

準備して日の出時刻待ちの予定がまさかの帰宅しようか?
悩むレベルで様子見してました。

半々くらいで風が止まなかったら帰らんならんしなぁ~と
どっちつかずでしたが続々来られる方々が準備を始められたので
流れに押されて準備開始。

若干風と波が気になるので収まるまで近くにて竿を出す事に。

朝マズメにも関わらずタイラバにお魚からのコンタクトは無し。

スピニングにジグパラの40gのスロータイプをつけて投入すると
エソが出迎えてくれました。

場所移動してタイラバしたりスロジギしたりしてみますが
どうも魚が居るのか?わからないくらいに返事が無いので
波・風共に落ち着いてきた感じがしたので先週のリベンジマッチへ。

今日はスピニングタックルを搭載して来ましたのでジグヘッド+ワームによる
今季初のマゴチ調査をする事にします。

イメージは以前、滑川方面でROB23でマゴチを釣っていた時のポイントや
釣り方を完全移植して通用するのか?しないのか?調査です。

調査開始から程なくして当たりあり。

お!期待が膨らみます。

2投目は掛かるもバラシ。

ちゃんと喰えま!

しばらくの沈黙の後・・・

IMG_1742.jpg

普通に釣れますよ。

と安心とこれからしばらくは他にも狙う魚が出来たぞ!と言う事で
ポイント調査も含めて少し時間を掛けて調査。

結果も出たところで場所移動してタイラバ・スロジギにて釣りをするも
タイラバで少しサイズの良さそうな魚をバラしてしまい帰りにもう少しだけ
マゴチ調査へ。

帰り道と言う事で大雑把に実績開拓と言う事で撃っているとまたバイトがあり

トータルで5回の当たりがあり2キャッチとなりました。

十分な結果だと思うのでしばらくは狙えそうです。

風が出てきて風波が結構高くなってきたので11:00撤収。

岸上がり後にお話しした感じではキジハタは釣れるがサイズは小さい。

安定の釣れなさだと言う結論でお開き。

アオリイカまで後2ヶ月弱

夏の暑さに勝てるような釣果に会えるのでしょうか?

シロサバフグとの格闘の季節かぁ・・・・

IMG_1743.jpg

45-6cm2本でした。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170624212122 | 編集

2017/06/18 4:50-8:30表層18℃

週末は天気が悪そうなので早上がりを決め込むべく出発。

blogを読んでくれてる方からお声掛けしていただきビックリです。
中身の無い日記ですがありがとうございます。

昨日と違いウネリがあり遠出は無理だなと判断して
とりあえず沖まで徐行運転にて。

小一時間当たり無し。

いつもの展開で慣れてます。

移動して探ると当たりはあるが乗らずでまた小一時間。
あまり流れも感じずに釣れる気がしなくなってきました。

ウネリも少し和らいできたので大移動敢行して
昨日キジハタ釣ったポイントに期待。

若干のウネリがあるけど風無し流れ無しで0km/h表示。

ボーズだなと諦め掛けた時にhit。

小さいながらもキジハタ。

ヒレに赤い寄生虫がいましたが、浮き袋を処理出来ず
リリース無理っぽいのでヒレ落として煮付けにしますと
言うことで。

時計を見たら8時前。

流れも無いしで日曜日で粘る根拠もないので
大人しく上がろうと戻ったが昨日ラストに釣れた所に寄り道。

8:30何事もなく撤収。

こんな時こそマゴチ狙いすれば良かったと後悔。

昨日は積んでたタックルをスロジギに変えたのが運のツキでした。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170618223913 | 編集

2017/06/17 04:40-08:30 表層18-19℃

日曜日は15時くらいから町内の行事に出なきゃいけないので
行けるか?わからないためとりあえず出ておいた。

海に着くとほぼ波打ち際は波も無い状態で出しやすく
ゆっくり準備して日の出時間を過ぎたので出発。

慣らしがてら20km/hくらいでポイントまで。
やっぱ速さはポイントまでの時間を大幅に短縮してくれて
載せ変えて正解だったと改めて感じました。

去年と違う景色に戸惑いながら浅い方から撃ち始める。

ベイト反応が忙しくなりまくるが魚からの返事は無し。

ちょいと移動して打ち直すも流れは速いし風もあったりですぐに流されてしまう状況。

当たりはあるが乗らず×4

ちゃんと喰わんかい!

念ずるもくわえず。

タイラバを80gに変えて流し直す事、小一時間。

半分ウトウトしながら巻き始めるとガッツリ食い込んだ感じでhit。

一気に目が覚めて巻き取りますがなかなかいい引きしてます。

IMG_1737.jpg

キジハタ48cm

上がってきた魚体が結構大きいなぁとは思いましたが自己新です。

その後続かないかなぁと巻いてみますが小さい当たりが1回のみで
2時間ほどを過ごし移動。

風波の小さいのが出だして細かく跳ねながら
スプレー浴びながら次のポイントへ。

先日のキジハタ釣れたポイントからひたすら流されて釣れるまで
行こうと思いダラダラ流されていると浅い所でいい感じの当たりからhit。

浅いのですぐ取り込みとなりましたがキジハタ35cm

キジハタの調子が上がってきたなぁと思いながらもう一流ししようかなぁ?
と舵を切ったものの眠さと風が強まったのと明るくなってきたので釣果もある事だしで撤収。

今回初めて血抜きするのにイケス使ってみましたがなかなか便利な物です。

洗うのが非常に面倒ではありますが活用していこうと思いました。

流される速度が2km/h位で少し仕掛けの入れ直しが面倒ではありましたが
なんとか釣果に結びついてよかったなと。

明日も似たような感じで出られれば出ようかと思いますが
違う場所から出してみるかなぁ?と悩み中です。

出し慣れたいつもの場所になるんでしょうけど。

IMG_1738.jpg

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170617121728 | 編集

2017/06/11 8:00-12:00 表層18-19℃

前日は天気が悪く家庭の事情等でバタバタとしていました。

今朝もam3:00には一度起きたのですが前日の天気で荒れてるかな?
と思いチェックせずまた眠りにつきました。

起きてからライブカメラを見ると普通に出られる感じだったので
慣らし8割で出る事に。

08:00離岸。

今日はいつもより沢山の人が出ている様子で調子がいいのかな?と
期待しつつ慣らしがメインなので暖機運転からしっかり。

7-8km/hくらいで遠くのポイントまでヨチヨチ行ってると遠くで臨検タイムなようで。

スロットル半分くらいで1時間くらいと書いてあったので30分くらいはできたでしょうか。

去年の良かったポイントでタイラバしてみるも当たりも無く小1時間。

反対側までとまたヨチヨチ行っていましたが15分くらいで次のステップ行っちゃいますか!
と3/4まで開けてみる。

濃い目のオイル比率なんで多分大丈夫と思いながら。

15km/hくらいはすぐに出てそのまま20km/hは素直に出て気持ちいい。

反対側までアッと言う間に(以前比)到着。

途中短時間全開にしてみると26-7km/hまでは出るようで頭打ちなのか
まだ少し伸びるのかはわかりませんが小さい船には20km/hくらいが
丁度いいんだろうなぁと思いました。

反対側のポイントに着くなり当たり3発。

乗らず1 バレ1 キャッチ1 25cmくらいのキジハタでしたが
久々の釣果にキジハタ釣れるとシーズンインしたなぁと思いました。

その後深い所に行ったりしながら魚信を待ちますが、やはりまだエサが強いんでしょうか?
当たりも無く12:00頃撤収。

帰りも3/4少し全開で帰りましたが免許取ったらこうでなくちゃ!と
思える感じで運転出来て久々にいい釣り日和でした。

嫁さんは不幸がありしばらく休憩ですが、綺麗事言ってても仕方ないので
自分は出れる時は出る事にしました。

我慢の方がよっぽど良くないなと。

6/8に検査が通りこのようなステッカーを頂き
搭載できた8馬力ですがどこまで頑張ってくれるでしょうか?

IMG_1713.jpg

IMG_1716.jpg


ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170611190714 | 編集

2017/05/20 05:00-08:00 表層16℃

明るくなるのも早くなったと前回感じていましたが
場所に着くともう白み始めてます。

そんな出航場所にはゲッターさんのみスタンバイしておられました。

気合十分な様子でご友人と颯爽とポイントに向かわれてました。

こちらも仕掛けを結んで05:00出航。

波も無く出航場所はクリアな水面でしたが沖に向かうにつれて
ささ濁りと言う感じでのスタートです。

前回同様に流されるスピードが速くタイラバ100g投入で
なんとか3回くらい底取りしてる感じの中で嫁さんが何か微妙な反応。

回収しようとしたらなんか引いてるらしくてしばらく綱引き。

ラストはアンカーで泊まってる船に接近するわ網近いわで
交代してネットイン。

IMG_1621.jpg

締めてクーラーで曲がったりで58cmでした。

6時過ぎの出来事から2時間ちょい移動しながらもバイトも無く
暑くなってきたし眠いしで心折れて撤収。

改めて1名乗船で15-6kmと思ったように走らないのは
船の形状もあるのかなと言う考えに至り。

IMG_1620.jpg

未使用品だそうです。

1/3ほど水に浸かった形跡があり付属品のタンクは内部が絶望的に錆びてご臨終。

燃料ホース若干怪しい

キャブレター分解

IMG_1622.jpg

IMG_1624.jpg

プレート割れありでプラグ外して覗き込んで見える分には錆びもなく
キャブレター同様綺麗なもんでメーカーの試運転のままなのかなと言う感じ。

とりあえず海竜の日本海マリンさんにキャブレターのプレートと
チャンバーのパッキンと後日分解予定のインペラ周りのパッキンと
インペラとライナーを注文してきました。

気合の入った店の方でしたが親切に教えて頂き
部品が手配出来る間は修理も受けて頂けるようで
とりあえず動くのか?確認するのが目標ですが
とりあえず30年物の点検を素人ながらやってみたいと思います。

6馬力で走れば何の問題もなかったのですが
やはり2名で滑走するには自分の船にはこのエンジンに
頼らないといけないようです。

6馬力なんとか上手くオークションで捌けないかなぁ。

と算段しながらの整備でした。

動く前提なんで動いてくれないと話が始まらない訳ですが。

釣ったフクラギからは1匹細いのこんにちはしてました。

そこは避けて今夜は刺身でいただいてみます。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170520184614 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2017 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天