FC2ブログ

NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/トーハツ 3B2 2st8馬力(2017/6/9乗せ替え)

ROB23/HONDA BF2

沖釣りメイン 離岸提・おかっぱり等。

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

2018-05-12 50cmの真鯛を釣りましたので60upを目標とします。

カウンター

2018/04/29 6:00-10:00 表層13-14℃

土曜日は会社の棚卸しと言う事でいい天気を恨めしく思いながら
日曜日もいい天気と言う事で出航しました。

先週は釣果には恵まれなかったもののギヤケースの検査もかねて
先週とは逆へ舵を切り何か釣れないかなぁと言う事で。

深い所から浅い場所へ流されながらタイラバ投入。

割と早い段階でhit

ドラグを引っ張り出すほどでは無いものの程よい重量感で上がってきたのは
ウッカリカサゴ大。

その後続けばと小一時間巻き倒すも当たり無し。

途中スロジギで中層でツバイソクラスhit

IMG_2553.jpg


まだまだ海の中は温まってないのでしょうか?

気持ち的にはマゴチも早いながらもやってみたいと思いながら
先週ダメだった方へ様子見へ。

30-80mくらいまで探っては見ますが嫁さんに25cmくらいのキジハタ1のみで
なかなか当たりを引き出すまでには至らずで当たりも無いと眠さで船の上でウトウト・・・

危ないからと言う事で沖上がり

IMG_2559.jpg

ウッカリカサゴは40cmで本日煮付けとなりましたが
脂が浮き出て美味しくいただきました。


2018/04/30 6:00-9:00 表層13-14℃

深夜から朝までは南風が強い予報で朝には落ちると言う事で
GW後半は出られる感じでも無さそうなのでここは連荘で頑張ってみようと
友人Yに連絡して場所を変えて出航。

友人Yがまさかの寝坊で少し遅く出る事になりましたが
地形の変化を頼りにホタルイカ付きタイラバを友人Yが投入するも
当たりすらなく自分も無しでウロウロ。

出ている人も少なくやはりこちらもまだまだ早いのか?

どうせ釣れないなら深い所やってみようと言う事で水深120-130mを
ホタルイカ付きタイラバ/スロジギで調査。

実績も情報もないので当たりあれば御の字でシャくっていると
10mほど上げた所で何かがhit

引きも無くジグがエビったかな?と思いながら上げてみると

IMG_2558.jpg

20cmほどの鯖がエラ蓋にスレ掛りで上がって来ました。

さすがに1匹じゃなぁーと言う事でリリース。

しばらくすると暑くなり2人してジャケットを脱ぐと西風が吹きだして来ました。

12時くらいからの予報だったなぁーなんて話しながら脱いだジャケットを
着込んでまもなく西風の突風が吹き出して、これはヤバイかも知れん!

と話出すも荒れ始め風波の中、船の中にガッツリ海水飛び込ませながら
なんとか出航地まで帰ることが出来ました。

ウェーダー+ジャケットの自分は外だけで済みましたが
友人Yはズボンは普通の物でしたのでパンツまでずぶ濡れだった様子。

毎年この時期、西風の突風でヒヤリとする釣行をしますが
西風強風の予報が出ているときは出航を考えないといけないなと。

今回は結構な量のビルジを貯めてなんとか帰着しましたが
近くの陸に上がる選択も考えたりしなきゃいけないなといい経験になりました。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20180430205149 | 編集

2018/04/21 6:00-10:30 表層11.5-13.5℃

最高気温が30℃になろうかという予報の中
風は心配ないようなのでエンジンの具合を見るべく
ついでに釣りもして来ました。

ライブカメラを見る限りホタルイカ取りの方々が多数居られるのが予想できるので
時間を少し遅めにして05:00過ぎに現着。

ホタルイカ狙いの方からチヌ狙いの方からボート出船の方まで駐車場は
結構な台数で賑わっていました。

今の時期はあまり釣果に恵まれる記憶は無くどちらかと言えば素直に
メバル・チヌ・ホタルイカが堅い気がしますがそこは凪の海。

VDEG2463.jpg

タックルの準備をして一番最後に離岸です。

水温もまだまだ低い感じがしてとりあえず30mラインから80mラインまで
タイラバ/スロジギでやってみますがスロジギにエソさんが相手してくれただけで
ひたすら巻いてるだけの時間でした。

最後は青物の反応と思われる物に小一時間費やし
当たりと共にPEスパっと切られ結び直して根掛かりロスト。

メタルジグ2本ロストで失意の撤収。

嫁さんも当たり無しでこの時期だからまぁまぁ・・・と言う事で帰宅。

出られた方々の釣果が気になる所です。

今回初めて船外機をトランサムにつけたまま場所まで来て見ましたが
走行中に少々のギャップでトレーラーが跳ねなくなった事は収穫でした。

IMG_2547.jpg

船外機についてはギアオイルのパッキンを増し締めしてなかったようでそれが原因か?
また海水が混入していた様子。

注入口から器具を使い息を入れてみましたが漏れは無いようなので
今回は念入りにギアオイル交換後パッキンを締めてGWに出れれば今一度
漏水試験をしないといけないようです。

そしてその夜ホタルイカ取りをするべく発電機/投光機を持ってあまり人気の無い岸壁へ。

それでも午前0時過ぎから人が増えてギュウギュウの中濁りもきつくなり
こりゃダメかな・・・と思った午前2時くらいからポツリポツリと夜明けまで。

夜が明け切ってから隠れていたイカが出てきてあの3時間はなんだったんだ?
くらいにポツポツと拾いなんとか晩酌分くらいは取らせて頂きました。

今から買出しに行き春の味覚で晩酌します。

IMG_2548.jpg

朝の出航場所はそんなに出てなかったようで残骸無し。

エサ釣り分は確保出来ると思っていたのに痛い誤算。

エサ釣りの分、今年は確保無理っぽいな。





ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20180422192352 | 編集

2018/4/15

先日、修理に出してたギヤケースがベアリング交換されて戻って来ました。

結局、ドライブシャフトも変形と言う事で交換となり

ベアリング3個焼き付きにシャフト変形と予防的にベアリング1個交換
オイルシール交換と言う事でほぼギヤケース内のオーバーホールとなりました。

ベアリング交換工賃1箇所1080円と1個については粉々にして外していただいたにも
係わらず1080円はいいのかな・・・と手間考えたら助かりました。

オイルシール交換も1080円と言う事で高くついたのがドライブシャフトと言う
これさえなければ・・・まぁこれで安心して出る事が出来るので良しとしなくては。

さっそく届いたギヤケースにギヤを嵌めていきます。

IMG_2529.jpg

ギヤ/ベアリングにはヤマハグリースAを塗っておきます。
初回は1回海に出たらギヤオイル交換して漏水検査ついでに
オイルも流れてしまう事だと思います。

新しいドライブシャフト

IMG_2528.jpg

前のシャフトはボールベアリング下も筒がベアリングになってましたが
現行品は回らなくなってます。

ニードルベアリング交換とあったのでもしかしたら仕様変更になってて
どの道交換しておいた方が良かったのかも知れません。

新旧Oリングは左が旧品
触り比べるとだいぶ硬化してます。

IMG_2530.jpg

1年使用のインペラも角が若干欠けてました。
やはり触り比べると若干硬く弾性も無い気がしました。

IMG_2531.jpg

サクッと交換です。

ガスケットも交換してポンプケース組み立ててドライブシャフト装着。

IMG_2534.jpg

ポンプケースについてたゴム製品も硬化始まってまして交換です。

30年前の部品はやはり30年の時間を過ごしているようです。

シャフトの先にはモリペースト500

IMG_2533.jpg

ホダカにて発見!さすがプロショップ。

助かりました。

交換したパーツリスト

IMG_2532.jpg

すべてでは無いかも知れませんが。

組み立ててプロペラ装着!

最後は忘れずに。

IMG_2537.jpg

ギヤオイルを忘れずに入れていざ試運転。

寒いから掛かり難いですが無事に検水確認。

ギヤを恐る恐る前進・後進。

スムーズに回転して一応の組み上がり確認。

エンジン止めてニュートラルも確認して無事終了。

組み上げに1時間半くらいでしょうか。

あとは海に出てシャフト/ベアリングの慣らし(いるのかな?)

オイルシール等からの漏水確認出来ればGWは安泰。

来週出れたら試運転したいです。







トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180415203845 | 編集

2018/4/7

部品も到着し原因と思われるオイルシールの交換及びOリングの交換を
チャレンジしてみました。

ロワポンプケースの30年前のオイルシール

IMG_2517.jpg

現行のオイルシール

IMG_2522.jpg

見た目は年数を感じさせず手触りも硬さはあまり変わらないので
そのままいこうかと思いましたが年数が経ってるのはやはり不安があるので
高い部品でもないので交換します。

ここのオイルシールは簡単に交換出来ました。

ここが一番怪しかった部分でシフトバーがギヤケースまで通る部分で
この部品の下はギヤオイルが密閉されるギヤケースになる部分。

ポンプケースとギヤケースの蓋になる場所なんですが

IMG_2520.jpg

30年前は粘度の高いグリスで止めていたようでそこからギヤケースに
海水が入ったりしていたのかなと推測してます。

なんでそう思ったかと言えば

IMG_2521.jpg

現在はOリングを入れてパッキンとしているのがパーツリストでわかったので
シフトを前進・後進している事でグリスがパッキンの役目を果たさなくなり
海水や水がギヤケース内に入りギヤオイルが白濁したのではないかなぁ?
と思いました。

しかし開けたついでにプロペラ側のオイルシールも交換しようと
プロペラシャフトハウジングを外しましたが・・・

IMG_2519.jpg

見た目は不具合なく使えそうでそのまま行こうかと思いましたが
なにせ30年前のものでついでに現行型に交換したいと思い外そうかと
試行錯誤してみましたが反対側にギヤ及びベアリングがあるんですが
まず外す知恵・統べ・道具を持ち合わせて無くオイルシールを外す事が
現在の腕では無理と判断。

どうにでもなれ!は中にメタルがあり真鍮製と思われるため
今回はプロに任せた方がいいと判断したのでパーツを注文した
滋賀県のお店に現在見積もりを取っています。

パーツで送れば送料も安いので工賃が安ければいいなぁと思います。

ちょうど発注のパーツが間違えて送られた物もあるのでちょうど交換も兼ねられて
ちょうどいい感じになりそうです。

ギヤケース内部のギヤも焼けもなさそうでベアリングの錆までは確認出来ませんが
その他目視出来るベアリングに異音・錆が無さそうなのでオイルシール交換・Oリング追加/交換で
組み付けて少々プロペラを回してからギヤオイルの交換などで様子を見ていければと思います。

IMG_2516.jpg



トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180407224740 | 編集

2018/3/25

船を地面に置く際に直置きにならないようにゴムが貼り付けてありましたが
去年の9月くらいにゴムの劣化から裂けて船体がこんにちは!してました。

きっとそこから海水も入りきっと抵抗になっていることでしょう・・・

と言う事で以前カートップしてた時に使っていたスベルレール。

ここで使わなきゃ何処で使うんだ?くらいに存在感を発していたので
貼り付けてみようと作業する事にしました。

ネジで止めたら楽なんでしょうが大分傷だらけの船ですがここはコーキングで
行ってみようと思います。

グラインダーにフェルトつけてコーキング及び旧ゴム材をこそぎ落としまして
スベルレールをヒートガンで炙ってR付け。

IMG_2483.jpg


イメージ

IMG_2484.jpg

船体を返すときに石で不注意により穴を開けてしまい不本意ながらパテにて補修。

IMG_2485.jpg

コーキングにて貼り付け

IMG_2490.jpg

現在、硬化して強度は十分ありそうですが実際に出船して滑走させてみて
やっと成功と言えるかどうか?と言うところ。

船外機の修理も終わらないと6馬力or2馬力での釣行になると言うところで
なんとかスムーズに沖釣りシーズンを迎えたいなぁと思っている所です。





トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180402191310 | 編集

2018/4/1 

富山フィッシングフェスタへ31日に行きたかったのですが町内の会計の任も
引継ぎのみを残し31日引き継ぎだったため泣く泣く諦め4/1行ってきました。

アウトレットは大分売れてたようでスパイクブーツとベイトリールの100mmハンドル
タングステンタイラバ少々を仕入れてapiaでガチャしたら3人前でロッド当選と
なんだかなぁ~で帰宅後船外機整備へ。

IMG_2501.jpg

今期も頑張ってくれよー!と期待を込めてギヤオイル交換へ。

IMG_2505.jpg

ドレン開けました。

IMG_2506.jpg

なんですか?これは?

黒いオイルが落ちてくると思いきやなんと・・・

白濁しとる。

今思えばこんなのが船外機の排水から落ちてたと。

排気ガスとかそういうので滴ってるのかと思ってたら
まさかのギヤケース内に海水入ってるヤツだったとは。

結構長い事この状態だったな・・・

一応まだオイル分はあるようですが結構心配。

IMG_2509.jpg

さっそく開けます。バラします。

白いプラスティックの押さえのボルトが緩んでたので
もしかしたらそこからかも知れませんが

昭和60年式と言う事もありポンプ側・プロペラ側のオイルシールの交換を
してみようと思い部品発注中。

インペラも交換してみてどうなるか?

ポンプ側のオイルシールは結構簡単に外れたのでなんとかなりそうですが
プロペラ側はシャフトなんかも抜く感じになるのかイマイチ出来そうか?読めません。

ここで成功出来れば重傷以外のメンテナンスはなんとかなりそうな予感です。

週末は雨のようで部品が届けば作業してみたいと思います。




トレーラー整備・船外機整備・艤装等 | コメント(0) | 20180402185703 | 編集

2018/3/24 2018/3/31

3/24 4:00-6:30

今年初の本格的釣行1回目でした。

友人Yと離岸提に渡りメバルとあわよくば黒鯛の2本立てにて。

暗いうちは当たりも無いに等しく朝マズメの約30分くらいに当たりが集中したらしい。

らしい?

友人Yが一人で尺から25cmまででキープ7匹
リリース多数だったそうです。

そうです?

自分もちゃんと新調した竿に鱗つけましたよ。

カサゴ20cmくらいの。

しばらくの相棒です。

型落ちなのか安売りしてたので飛びついてしまいました。

IMG_2481.jpg


3/31 4:00-6:00

月が煌々と海を照らす中先週のリベンジを果たすべく友人Yと離岸提へ。

ホタルイカはもちろん気配も無い中メバルは相手してくれるだろうと
ちょっとだけ黒鯛も期待して。

自分は違う離岸提へ下ろしてもらって朝マズメまで。

やはり先週と同じような時間についに来ました。

毎キャスト毎に当たりがあったり釣れたりと。

25cm以下はリリースで7-8匹釣れたでしょうか。

最後にキープサイズのカサゴが来て抱卵してたのでリリース後
パタッと当たりも止まり撤収。

今回はなんとか2匹キープして尺1と27cm1匹

翌日スケール当てたら31cmくらいあったので
釣って即ならもう少し大きかったかも。

現在、昆布締めで寝かせてます。

IMG_E2508.jpg

スケール当てて写すのは難しいです。

今後の課題です。


関連記事 [離岸提]
離岸提 | コメント(0) | 20180402183700 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2018 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天