NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/HONDA BF6

ROB23/HONDA BF2

2017/04/16よりホンダBF6にて沖釣り

離岸提・おかっぱり等

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

カウンター

2016/12/3 07:30-12:00 表層16℃

金曜日は忘年会があり起きれたら出ようと言う事で遅めながら出航。

風あり弱ウネリと釣りをするには支障は無いけど
ウネリはない方がよかったり。

最初はティップランから始めるもお触りなしで沖へ流されるも異常も無く。

魚っ気が無くお通夜な時間が過ぎます。

帰り際にコウイカ小が2つ釣れたのみで
こりゃ日曜日リベンジだと言う事で撤収。

写真無し

2016/12/4 07:00-13:00 表層15-16℃

土曜日に刺激的なblogをゲッターさんがアップされており
ここで頑張っておかないと今年終わらんな~と思い
大幅にティップランに時間を割こうと思い出航。

IMG_1376.jpg


ゲッターさんがいつも流しておられる場所は
ぺんぺん草も無いだろうと少し場所をずらして流し始める。

早々にhit。

竿先の変化もシビアに感じます。

重いだけで引かない感じは嫌な予感。

コウイカ23cm デカイけどあんたじゃないんだよなぁ。

嫁さんにもコウイカ小。

昨日のがあるので小さいのはリリース。

しばらくしてまた僅かな変化。

合わせるも合わずでまだ見てないかな?と
誘いなおすとティップに反応。

24cmのアオリイカ だけどもう一声。

ずいぶん流されたので春以降封印していた
春によく行ったポイントへ。

底にベイト反応がありお魚メーターが60とか80とか
青物なんでしょうが今年始めたヘッポコジギングでは
大きな魚は相手にしてくれるはずも無く

スロジギに35cmほどのフクラギとジギングで50cmほどの
サゴシがなんとか騙されてくれました。

時間も11:00を過ぎラストにもう少しだけティップランをと
言う事でポイントを戻しシャクるもコウイカラッシュ。

10杯以上リリースしたと思いますが20cmほどの1杯を
キープして13:00まだまだやりたい気持ちを抑えて沖上がり。

この日が土曜日だったらなぁと後ろ髪引かれました。

IMG_1377.jpg

これで年末まで出られる日が1日あるか無いか?

なんて感じになってくるでしょうから船外機のガソリンは上手い事
ガス欠寸前で着岸して片付け準備みたいになってきました。

オイル交換して仕舞おうか?泣きの1回をなんとか出すか?

アオリイカに関しては今回で終了し
なんとかフクラギ50cm以上でなんとか釣りを
終えたいなぁと思ってます。

来シーズンはバージョンアップして始めたいものです。










ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(6) | 20161205181219 | 編集

2016/11/26 8:30-12:30 表層14℃

昨夜の段階で波が高そうで無理かなと思いながら起きてから
考えようと思い就寝。

7:30起床時点でライブカメラ見るとマリーナからは船が出て行ってる
様子が見えたので出れそうなら出ようと出発。

スロープ着で波打ち際はこんな感じ

IMG_1368.jpg

ウェーダー履いてるのでなんとかなるか・・・と出撃。

沖に出ると想像以上のウネリで1m位あるんじゃないか?
なんて思いながらこりゃイカ無理だと思い魚から。

スロジギ/ジギング/タイラバ/ティップランと持ち出しましたが
ほぼスロジギで通しました。

あまり深い所には行けなかったんですがスロジギにて
キジハタ2が小さいながらも釣れてくれました。

3匹目に少し良型がきましたが胃袋出てるから
リーダー掴んで取り込もうとした所まさかのポロリ。

浮いてるからタモ入れだ!と寄せると最後の力を
振り絞り潜っていかれました。

これはまぁ仕方ないか・・・と気を取り直し。

しばらくすると着底後ヒット

巻き上げるとエソのスレ掛かりでリーダーにぐるぐる。

またもやリーダー持って取り込もうとするも暴れて
リーダーが切れてポチャン。

メタルジグと共に・・・

その後根掛かりでメタルジグロストもありながらも
フォール中にサゴシがヒットし夕飯には困らない位の
釣果がありました。

魚探にベイト反応からのフクラギらしい反応があったので
以前から普通のジギングで釣ってみたいと思っていたこともあり
スピニングタックルでやってみると見よう見まねながら初ヒットに成功し
小型を1匹追加。

ウネリも収まりそうにないので浅場に戻りイカチェックするも
ウネリで何やってるのかわからない状態だったので
5投程で満足し沖上がり。

山が綺麗になってきました。

IMG_1369.jpg

ウネリがなければもう少し粘れましたが眠気もきたので
ちょうどいいやと上がりましたが接岸時に波で少しヒヤリとして眠気も飛びました。

IMG_1370.jpg

タモ入れを怠けたおかげでオートリリース、メタルジグロスト
リリース出来る魚を出来なくした等

悔やまれる結果になりました。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20161127002420 | 編集

2016/11/20 6:00-10:30 表層16℃

朝は曇りで家の上空に関しては星空でしたので雨はさほど心配せず出発。

スロープは閑散として朝一に拘る季節ではないのですかね?

明るくなると出航する人が増えてきます。

朝一はティップランから開始ですが当たりがない場合はそのまま沖に流される算段。

やはり当たりが無くドテラで風に任せてドンブラコ。

スロジギ/タイラバにて魚狙いに変更し魚探の反応が賑やかになってきたので
ベイトの帯がすごいなと思う感じの反応になってくるに従い青物っぽい反応が。

スロジギにてツバラギ2本サゴシ1本。

サゴシよりもツバラギは浅い水深で釣れました。

サゴシにアシストフックからPEラインまでブチブチやられてティップランへ。

少し浅いところからと入れた1投目にティップがランしてドラグも出るしアオリなら・・・
と期待するも23cmの甲イカ。

雲行きが怪しくなって風も強く吹き始め嫌な感じだなと思っているとやはり雨。

1時間くらいは降るんじゃなかろうかと持ち直すんじゃないかなと思っていましたが
本日イカを1バラシのみの嫁さんが戦意喪失の様子。

粘ろうとは言えず撤収。

我慢出来ていればと「たら・れば」ではありますが
あがるとスロープは雨は止んでいて一文字より沖は降ってる感じで
片付け終わる頃には沖も明るくなりいけそうな感じではありますが
これも流れか・・・と帰宅。

日曜日なのでがっついても仕方ないのですが不完全燃焼で
なんだかなぁ~と言う昼下がりです。

フクラギでシーチキンが出来るとネットで読んだ気がするので
検索掛けて作ってみようと思います。

IMG_1365.jpg

IMG_1366.jpg

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20161120131312 | 編集

2016/11/12 6:30-11;30 表層16℃

スイム(沖釣り)

土・日曜日と久々に天気も良い予報で波もなさそうなんで当然出撃。

朝、到着すると人が全然居ない。

イカもだいぶ落ち着いてきたからなぁと思いながら出航

明るくなるにつれてスロープも賑やかになってた様子。

朝一はイカから。軽く2時間弱ノーバイト。

沖に流されるのに乗っかり飽きもきたのでお魚狙い。

スロジギ/タイラバにて。

イカやってて思いましたがフグもだいぶ散ったのかあまりイタズラされなかったような気が。

タイラバも無事に上がってくるようで一安心。

しばらくするとスロジギにヒット。

キジハタ30cmくらいを取り込んでいると嫁さんにもヒット。

こちらもキジハタでしたが40up

久々に大きいの頂きました。

流し直すと同じポイントでキジハタ。

30cmくらいでしたが、2流し程するも続かずでもう少し沖へ。

20mほど誘ったところでなんかキタ!

上げるとサゴシ。

流し直すと計3匹でしたが1匹リリース。

チョイ浅めにフクラギっぽい反応ありましたが相手にされずで
ポカポカ暖かくなってきたのでイカ行きますかとPへ。

朝は当たりも無くだったので少々深めにて。

移動後、早い段階でヒット。

最近は20cmくらいから上しか釣れないので竿の曲がりがいいですね。

らくださんへ。

イカの中の水はこうやって最後まで吐かせてから取り込むと悲劇には合いませんよ。

IMG_1351.jpg

甲イカ挟んでもう一杯アオリイカ取り込んで時間は11:00過ぎ。

足切れも一回あって粘ればもう少し伸びそうでしたがアジが最近調子良いみたいなのを
釣果情報で読んだんでアジングも気になり出してる事もあり11:30沖上がり。

ロード(移動)と準備の為に一時帰宅しトレーラーと釣果を置きに自宅へ。

写真はマラソン後に帰宅したら父親が腹出してくれてたんで解体後ですが
キジハタは脂が染み出してて美味そうとの情報でした。

IMG_1357.jpg

IMG_1352.jpg


昼13:30ロード開始(移動)

トライアスロンに行ってきました 2

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20161113200513 | 編集

2016/11/05 6:00-12:30 表層18℃

待ちに待った天気。

南風が強い予報でしたが準備中は予報通り。

朝の冷え込みと相まって寒さが身に沁みます。

準備を整えボートを海に浮かべると海水がまだ温かい。

荒れた天気で海水も冷えたかな?と思っていましたが
海の中はまだまだ秋真っ最中かもしれません。

朝一は前回調子のよかったイカPへ。

南風が強いので速く流されて行く中探るも反応無し。

40mからはタイラバ/スロジギで魚も調査。

50mラインで嫁さんのタイラバにキジハタ。

久しぶりの魚なので今日は鍋だなと言う事でしばらく魚狙い。

スロジギはエソだらけ。

課題が残ったまま年を越す事になりそうです。

20m-40mまでイカを狙い40m-80mまでを魚狙いと言う事で
しばらく流す。

流しなおした何本目かで海上保安庁の船と大型タンカーを
よそ見していた嫁さんがアオリイカイカゲット。

20cmは超えてる様子。

よそ見してると殺気がなくなりいいらしいですよ。

やはり終盤イカはボチボチ大きくなってます。

エギの下側に掛かっていたのでシャクリの回数を減らし
あまり誘いを掛けないように調整。

その後しばらくして竿先プルプルからのティップが入り
狙い成功かと思えば底大好きのコウイカ。

コウイカ釣れ出すとアオリも終わりだなぁと思い出す釣果です。

11時を過ぎたあたりで満潮13:00頃だったなとアオリイカ専門になろうと
ポイント移動。

移動後1投目で綺麗にティップが入りなかなかの重量感。

いいの来たかなと思っているとローリングしながらの軟体K
20cm超えのコウイカで墨がヤバイんできちんと水を切ってから
バケツに入れたつもりでしたが大噴射で

IMG_1347.jpg

ウェーダー履いてるんで自分はいいけど左舷後方は
墨でめちゃくちゃ。

コウイカの墨は粘り気あるんで始末が悪いです。

気を取り直す事にして何度か落としなおすと
アオリイカ25cmがきてくれました。

またコウイカじゃなかろうかと内心冷や冷やしたのは内緒です。

西風が強くなりパラシュート落とすも風波で糸は見難いし
2馬力で帰りにくくなるのも大変だと言う事で沖上がり。

アオリイカもいいけど魚の引きが恋しいです。

50mラインにまでシロサバフグが出てきてるようで
タイラバはだいぶ厳しくなってきました。

今年あと何回出られるか?わかりませんが
アオリイカのkgupと青物は取り込みたいと思います。

IMG_1350.jpg


帰宅後、大噴射の後始末

IMG_1348.jpg

久々に水洗いして綺麗にしました。

墨は落ちないんで要注意です。




ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20161106111120 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2017 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天