NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/トーハツ 3B2 2st8馬力(2017/6/9乗せ替え)

ROB23/HONDA BF2

沖釣りメイン 離岸提・おかっぱり等。

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

2018-05-12 50cmの真鯛を釣りましたので60upを目標とします。

カウンター

2018/04/29 6:00-10:00 表層13-14℃

土曜日は会社の棚卸しと言う事でいい天気を恨めしく思いながら
日曜日もいい天気と言う事で出航しました。

先週は釣果には恵まれなかったもののギヤケースの検査もかねて
先週とは逆へ舵を切り何か釣れないかなぁと言う事で。

深い所から浅い場所へ流されながらタイラバ投入。

割と早い段階でhit

ドラグを引っ張り出すほどでは無いものの程よい重量感で上がってきたのは
ウッカリカサゴ大。

その後続けばと小一時間巻き倒すも当たり無し。

途中スロジギで中層でツバイソクラスhit

IMG_2553.jpg


まだまだ海の中は温まってないのでしょうか?

気持ち的にはマゴチも早いながらもやってみたいと思いながら
先週ダメだった方へ様子見へ。

30-80mくらいまで探っては見ますが嫁さんに25cmくらいのキジハタ1のみで
なかなか当たりを引き出すまでには至らずで当たりも無いと眠さで船の上でウトウト・・・

危ないからと言う事で沖上がり

IMG_2559.jpg

ウッカリカサゴは40cmで本日煮付けとなりましたが
脂が浮き出て美味しくいただきました。


2018/04/30 6:00-9:00 表層13-14℃

深夜から朝までは南風が強い予報で朝には落ちると言う事で
GW後半は出られる感じでも無さそうなのでここは連荘で頑張ってみようと
友人Yに連絡して場所を変えて出航。

友人Yがまさかの寝坊で少し遅く出る事になりましたが
地形の変化を頼りにホタルイカ付きタイラバを友人Yが投入するも
当たりすらなく自分も無しでウロウロ。

出ている人も少なくやはりこちらもまだまだ早いのか?

どうせ釣れないなら深い所やってみようと言う事で水深120-130mを
ホタルイカ付きタイラバ/スロジギで調査。

実績も情報もないので当たりあれば御の字でシャくっていると
10mほど上げた所で何かがhit

引きも無くジグがエビったかな?と思いながら上げてみると

IMG_2558.jpg

20cmほどの鯖がエラ蓋にスレ掛りで上がって来ました。

さすがに1匹じゃなぁーと言う事でリリース。

しばらくすると暑くなり2人してジャケットを脱ぐと西風が吹きだして来ました。

12時くらいからの予報だったなぁーなんて話しながら脱いだジャケットを
着込んでまもなく西風の突風が吹き出して、これはヤバイかも知れん!

と話出すも荒れ始め風波の中、船の中にガッツリ海水飛び込ませながら
なんとか出航地まで帰ることが出来ました。

ウェーダー+ジャケットの自分は外だけで済みましたが
友人Yはズボンは普通の物でしたのでパンツまでずぶ濡れだった様子。

毎年この時期、西風の突風でヒヤリとする釣行をしますが
西風強風の予報が出ているときは出航を考えないといけないなと。

今回は結構な量のビルジを貯めてなんとか帰着しましたが
近くの陸に上がる選択も考えたりしなきゃいけないなといい経験になりました。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20180430205149 | 編集

2018/04/21 6:00-10:30 表層11.5-13.5℃

最高気温が30℃になろうかという予報の中
風は心配ないようなのでエンジンの具合を見るべく
ついでに釣りもして来ました。

ライブカメラを見る限りホタルイカ取りの方々が多数居られるのが予想できるので
時間を少し遅めにして05:00過ぎに現着。

ホタルイカ狙いの方からチヌ狙いの方からボート出船の方まで駐車場は
結構な台数で賑わっていました。

今の時期はあまり釣果に恵まれる記憶は無くどちらかと言えば素直に
メバル・チヌ・ホタルイカが堅い気がしますがそこは凪の海。

VDEG2463.jpg

タックルの準備をして一番最後に離岸です。

水温もまだまだ低い感じがしてとりあえず30mラインから80mラインまで
タイラバ/スロジギでやってみますがスロジギにエソさんが相手してくれただけで
ひたすら巻いてるだけの時間でした。

最後は青物の反応と思われる物に小一時間費やし
当たりと共にPEスパっと切られ結び直して根掛かりロスト。

メタルジグ2本ロストで失意の撤収。

嫁さんも当たり無しでこの時期だからまぁまぁ・・・と言う事で帰宅。

出られた方々の釣果が気になる所です。

今回初めて船外機をトランサムにつけたまま場所まで来て見ましたが
走行中に少々のギャップでトレーラーが跳ねなくなった事は収穫でした。

IMG_2547.jpg

船外機についてはギアオイルのパッキンを増し締めしてなかったようでそれが原因か?
また海水が混入していた様子。

注入口から器具を使い息を入れてみましたが漏れは無いようなので
今回は念入りにギアオイル交換後パッキンを締めてGWに出れれば今一度
漏水試験をしないといけないようです。

そしてその夜ホタルイカ取りをするべく発電機/投光機を持ってあまり人気の無い岸壁へ。

それでも午前0時過ぎから人が増えてギュウギュウの中濁りもきつくなり
こりゃダメかな・・・と思った午前2時くらいからポツリポツリと夜明けまで。

夜が明け切ってから隠れていたイカが出てきてあの3時間はなんだったんだ?
くらいにポツポツと拾いなんとか晩酌分くらいは取らせて頂きました。

今から買出しに行き春の味覚で晩酌します。

IMG_2548.jpg

朝の出航場所はそんなに出てなかったようで残骸無し。

エサ釣り分は確保出来ると思っていたのに痛い誤算。

エサ釣りの分、今年は確保無理っぽいな。





ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20180422192352 | 編集

2017/11/03 表層 16-17.5℃

車を入れ替えてから初めての連結。

カプラーを繋いでまさか灯火が点かないなんて事は・・・・

ありませんでした。

一安心していつものホームへ。

のんびり準備していると、どらむろさん・ゲッターさんと
続々と到着してサクっと出航されていきました。

ゲッターさんにいたってはティップオンリーと宣言されていかれました。

軟弱な自分はタイラバ・スロジギ・ティップの3本柱でなんか釣ってやろうで出航。

かと思いきやエンジンカブってなかなか始動せず。

寒いと掛かり悪いです。

とりあえずティップランと言う事で2時間ほど流しますがあたりも無く。

水潮みたいな感じでしょうか?葉っぱが流れてたりとあんまりいい感じではない様子。

魚でも釣れないかと移動してしばらくで

IMG_1942.jpg

フグにネクタイやられながらなんとかキジハタ。

戻せると思いリリースするも浮いて帰らないので煮付ける事に。

さすがにアマダイはないかなぁとしばらく流すもあたり無し。

沖合に船団があるので水深合わせて少し離れた所でタイラバを。

魚探に反応も無く波も無くなってきたので再びティップランへ。

探し始めると弟からTELで甥っ子と家に来るということに。

イカも釣れないからいい加減に帰ると言う事で1流しして帰ろうと思うと
今日初の当たり。

なかなかの重量感で初ゲット。

しばらくしてまたヒット。

これもなかなかな重量感。

でもなんか違うぞと巻き上げると特大コウイカ。

ネットインして十分に水を吐かせたつもりでしたが
こいつは必ず船の中でぶちまけやがります。

そして想像通りぶちまけて墨だらけ・・・

そして流し直して1杯追加して場所移動。

魚追加して帰ろうと再びタイラバでキジハタ2追加。

風無しで潮流れてるので15時くらいまでやってやろうと
弟に延長戦の電話をしたら甥っ子が「おじちゃんとガスト行くから待っとる」と言うとるぜ
と言う事で無念の撤収。

こんな海況のいい日は今年はもう無いだろうなぁと後ろ髪引かれながらの帰宅となりました。

朝は寒くて震えましたが9時も過ぎれば暖かく感じて水は悪いが釣り日和でした。

なんとか2‐3回出られたらいいなぁと思う所です。

イカは24cmあり釣れて楽しい時期になってきました。

コウイカも似たような大きさでしたが弟の家に行ったので写真無し。

IMG_1950.jpg

IMG_1949.jpg


ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20171105085144 | 編集

2017/10/08 06:00-09:30 表層20℃

土曜日は用事があり岐阜県まで行って来ましたが道中雨降りで
波はないけど釣りは厳しかったのではないかな?と言い訳が出来て
諦めがついてよかった。

しかし日曜日はコンディション良さそうなので行ってみました。

ジェットの前乗りの方からトレーラブルの方やFRP/ゴムボートの方まで
沢山の方々が準備しておられました。

波も無く釣り日和に見えましたが・・・

ポイント到着すると天気予報通り風も無く潮も動かず・・・

1.5時間ノーバイト。

いやフグはいました。

疲れすぎて寝れなかったので眠気も来て帰りたいモードに。

その内少しづつ潮が動き出し風も少し吹き始めて
そのタイミングでポツリ・・・・ポツリ・・・・と釣れだし始めたのですが
またフグがアオリイカをかじりながらついて来てました。

途中1杯バラして5杯になったところで嫁さんの心が折れて
自分も晩飯のおかずがなんとか釣れたので諦めて撤収。

移動先も渋く水深もいろいろやりましたが自分には厳しい
時期が到来したようです。

前の日に友人Yは離岸提で小一時間で12杯と言う話だったので
場所は違えどそこそこ釣れるかな?と甘い期待をしていきましたが
12月くらいの渋さに感じました。

ティップに出る当たりも明確な物は無かったと思うので
取れてない当たりも沢山あったんでしょうね。

帰りにブログを読んでいただいてる方からお声をかけていただいて
情報収集。

もろお名前でしたのでお名前は書けないですが
またよろしくお願いします。

昨夜寝付けず釣り上がりに帰宅後昼寝してまた寝れず。

このまま行ったろうか?と悩みましたが昨日の渋さに
今日はおとなしく車のキャリアでも外して少し家の片付けでもすることにします。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20171009024319 | 編集

防備録分

2017/09/23

IMG_1870.jpg

アスボヤ29を新艇で購入され西へ東へいろいろ釣行されてるみやちゃんさんに
お声掛けしていただきました。

ご友人と短時間できっちり釣果を出されて無事帰宅と次回お会いしたら
またよろしくお願いします。

釣果の方は写真の他にアオリイカ5杯と常連さんは10-20杯上げていかれるのに
アオリイカはまだまだ練習が必要なようです。

アオリイカは親戚宅直送で写真無し13cmくらいだったかと。

アマダイに関してはサイズはマチマチながらタイラバで釣れて来る魚では
今のところ一番うれしい魚。

個人的には蒸しはイマイチで松笠揚げか昆布締めして皮目炙りが好み。

----------------------------------------------------------------------------

2017/09/24

友人Yと久しぶりに出そうと言う事で友人Yのホームで海上合流。

釣果は嫁さん4杯自分10杯

IMG_1868.jpg

イカのサイズはイマイチでタイラバでアマダイ33cm1尾

日曜日ながら船が沢山でアオリイカ人気と言うのも納得ながら
見渡せど釣果はイマイチ。

10月以降に期待かな。

----------------------------------------------------------------------------

2017/09/30 06:00-10:00

朝から風の強い日でポイントで流すも自分には取れない当たりなのでしょう。

小一時間で移動して魚に走るも当たり無し。

50mだろうがお構いなしでフグに針からラバーからネクタイまでズタズタに。

浅場に移動してなんとか2杯釣るもサイズは・・・

ラストのタイラバも風の強さとフグのイタズラで心がポッキリ。

明日があるさで帰宅。

IMG_1880.jpg

----------------------------------------------------------------------------

2017/10/01 06:00-09:00 表層23℃

朝目覚めて車に行くと相変わらず風は強め。

現地行って風が強けりゃ帰ろうと現着。

風は強めだけど皆さん準備中で嫌になったら帰ろうと言う事で出航。

ポイント再びでリベンジじゃと意気込むも小一時間当たり無し。

待望のヒットはまさかのタモ入れミスでさようなら~。
この一杯に泣かなきゃいいけどなぁと思い再開。

居ない訳じゃないだろうと流し直しているとポツリポツリと釣れてくる中の1杯

IMG_1878.jpg

無抵抗なのをいい事にフグがエンペラをついばみながら一緒に上がってきます。

夢中すぎてイカと一緒にネットイン。

リリースしてもこりゃ死ぬでしょと言う事で
可食部分はバター炒めにしようと思いそのまま続行。

流し直すとポイントでポツリと狭い範囲のようで通れば釣れる感じだけど
風が強いのもあって1流し1杯ペース。

その内風の向き・潮の向きも変わりポイントからずれるようになり
風波も出てきて粘るにしても日曜日。

明日の事を考えるとテンションダウン。

なんとか18cmあればジョーズのダービーに持ち込めるかもと早上がり。

船の上で袋に入れながら数えるとやはり1つ足りない。

外道のキジハタが前回同様残念です。

渋い当たりから大胆な当たりまで少ない釣果ながらも
楽しめた釣行でした。

18-15cm9杯

IMG_1879.jpg






ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(2) | 20171001173836 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2018 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天