NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?

2016富山湾でNEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで出来る沖釣りを始めた人の日記

プロフィール

鉄幹

Author:鉄幹
NEO330 SeaBoy jr Light/トーハツ 3B2 2st8馬力(2017/6/9乗せ替え)

ROB23/HONDA BF2

沖釣りメイン 離岸提・おかっぱり等。

沖釣りでの当面の目標はめざせ真鯛です。

2016-08-10現在 とりあえず真鯛は釣りましたので50upを目標とします。

カウンター

2017/09/16 05:00-08:00 能登内浦おかっぱり

台風が来ると言う事で3連休釣りが出来ないと言う状況に置かれ
なんとかならんか?と言う事で風裏の能登内浦にダメ元で金曜夜から出発。

日付が変わる頃これまたダメ元で奥能登先端に行って見るも爆風でダメ。
やはり内浦へと車を進める。

1時過ぎに目的地に着くも風向きが非常に悪くこりゃ釣りにならんな・・・
と言う状況なんですが結構な人がいました。

仮眠して朝マズメを迎えるも爆風変わらずで場所も無い状況でそのまた風裏に移動。

風はあまり気にならないが場所も人気でなんとか場所を見つけて海を見る。

水深1mくらいで勝負にならないな・・・

と言う事でダートタイプで手早く探ると極小が1つ。

朝マズメも終わり帰りながら場所探して撃とうと次の場所へ。

移動先は後ろからの風でいい塩梅でしたが時合はとっくに終わってるようで
ただしゃくる時間が過ぎる。

なんとか2杯引きずり出して昼には富山に帰りたいので撤収。

穴水の八幡のすしべんが07:00からやっているようなので久しぶりに
八幡のすしべんで和風ラーメンを。

久々でしたが美味。

帰宅後仮眠して夜の魚津はどうだろうと懲りずに出撃しましたが
人の多さは以前より拍車が掛かっており漁港内を小一時間撃つも
ボーズ。

あまりの波の無さに朝起きれたらボート出そうと撤収。

IMG_1849.jpg

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------------------------------------------

2017/09/17 7:00-12:30 表層22-3℃

朝5時に目が覚めて波を確認すると無さそう。

エンジン積んだり前日の荷物を降ろしたりと時間は掛かるが出せる日は
今日しかないと思い頑張って準備。

連結して常識の範囲内で慌てて出航場所へ。

おかっぱりの人が結構居るがマズメマジックはあったのでしょうか?

波を確認しウネリ小で出せる判断。

風は1日を通してあまり無い予報なので前回同様自分にはハードな予感。

今日は嫁さん居ないので久しぶりに友人YにLINEするとLINEで目が覚めたらしいが
出れるなら来ると言う事で久々に。

車で1時間位あるのでそれまで調査と言う事で5分程走らせて水深10-15mで。
こんな予報は当たらなくてもいいのに風がそよっとも吹かない。

バーチカルなエギングが続くもなかなか釣れず。

キャスティングに変えようか?悩むもやはりティップランで釣りたいなぁと拘る。
なんとかポツリ・・・ポツリ・・・と3杯釣れた所で着いた様子。

迎えに行き釣れたポイントで流れない中移動しながら約2時間当たりすら無し。

呼んでおいてこりゃ気まずいぞ。

穂先に糸が絡んで解いていると糸がクンクン引っ張られる。
まさか釣れるかよ!と解いて合わせて巻き上げると赤いか?
浅いところで珍しい。

気分転換にタイラバでも撃ちますか~と50mラインから流されながらスタート。

若干流れがあるようで潮目の中を撃っていると結構な起伏で真面目にやるとこれは面白そう。
ハイシーズンもここでやろうかしら?と思うほど。

そんな話をしているとhit!

キジハタかな?と思うと黄金色の25-6cmのメバル。

50mくらいからあげたのに胃袋が出てないのでリリースしようかと思うと
珍しいから友人Yが食べてみると言う事でプレゼント。

その後も真鯛小2枚に友人Yがよく見るメバルを釣り上げもう魚はよかろうと
いう話になりタイラバ終了。

その頃になると横向きの風が1km/hくらいで船を流し始め神風来たか?
と言う事で昔の実績ポイントを流し始める。

ポツリ・・・ポツリ・・・と釣れ始めてこれは良かったと話始めると
ピンポイントでダブルヒット。

流し直してもピンポイントに来るとダブルヒット。

風もだんだん強くなり始め2km/hくらいで流され始めて35gでも
2-3回で落とし直すくらいに。

パラシュート入れようにもポイントが狭すぎて上げ下ろしの手間が邪魔で
そのまま行こうと言うことに。

今日は35gまでしかないなと探ると50gが1本あった!

しかしまさかのロスト。

そのうち流れるポイントがずれ始め違うポイント発掘なようで
大きめサイズが釣れ始める。

友人Yが今日一番の18cmくらいを上げたところで同じラインを
風上からプレジャーボートが流してきたので風も出てきたし流されながら
帰ろうと言う事で撤収。

帰って数えたらつ抜けてない。

1杯だけアオリイカじゃないから・・・・

過去の実績に頼りすぎて数が伸ばせないので
新規開拓して行きたいものだと思うけれどなかなか上手くはいかないです。

IMG_1851.jpg


ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170918094801 | 編集

2017/09/09 5:30-12:00 

天気にも恵まれ波も無さそうな予報に久々にワクワクしながら現地着

とりあえず前回の真鯛Pからスタートして魚の顔をみつつ今期初のアオリイカにシフトしたい考え。

さっそくタイラバを落としていくが反応無し。

時間もたってる事だし想定内でそこそこで場所移動。

前回からなんか釣れないかな?と気にしている所を流すとhit。

最近よく顔をみるアマダイ。

近くにまだ居ないかな?と流して見るも反応無し。

浅場でアオリイカでも見てみましょうか?と言う事で移動。

お触りもなく苦手ジャンルなのか信じて撃てず。

今期の課題であります。

もう少し魚探しに行こうと言う事で大きく移動。

ボーズの嫁さんもなんとか本領発揮して
小型真鯛1安定のアマダイ3キジハタ多数浅場で釣り上げた物はリリース。

アマダイは最近よく釣れる様になりまして最大40cmと食べ方に悩むようになってきました。

冗談半分でこの深さはまだ早いんじゃないか?とエギ落としたらまさかのイカ2杯。

5m-10mに居るサイズじゃないか!

その後狙いの水深も試してみましたが当たりも無く今期ティップラン開幕しました。

IMG_1844.jpg

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐----------------------------------------------------

2017/9/10 5:30-10:00 表層23-4℃

ホームのイカがどうにも粘りきれない苦手意識があり情報に振り回されるので
今日は場所を変えて出航してみました。

今朝はお一人様釣行で昨日の疲れもあり気持ちよく眠りにつけたので目覚めもよく現着。

人が沢山居るのかな?とも心配しながら現地に着くと人が居ない・・・

こりゃ釣れてないのか?それともみなさん西のイカの聖地に行かれていて
人が居ないのか?そもそもダメな場所・・・

なんとかなるさ!で日の出時間に出航。

以前一度ボートエースで友人Yとやったことがある場所。

だいぶ前なんでほぼ初見の場所。

やった時期も違うからとりあえず浅い所から流すも流れず・・・

夜明け前はあった風が無い・・・

こりゃまいった。

とりあえずキャストしつつ普通のエギングに近い形で探るも返答無し。

離岸提から10杯釣れたとか前日聞いていたが風が無いなら離岸提にでも
乗った方が遥かに釣れる感じの朝マズメ。

神風来ないかなぁとしばらく撃ち進めると日も顔を覗かせどうしたものか?と
やっていると1杯釣れる。

10cm級。

そこからしばらく風が吹き船が流れ始めると6‐7杯連荘で釣れてきて
ちょっと気持ちも落ち着くが・・・

また風が無くなり静かな作業が続く。

日も昇り暑さが容赦なく照りつけるも当たり無し。

今日は来週の週末の為の調査も兼ねているので
あまり遠くに行きたくないと思いながらも遠くに来てしまったが。

午前中には家に帰ろうと引き返しながら通常エギング。

ボツポツ拾いながら10:00帰港。

こんなんやりに来たんじゃないのになぁ・・・

と不満を残しつつブログを書く。

ティップランに拘りすぎて時間の割りに数は出なかったが
いい勉強にはなったはず。

来週はティップランがしたいですな。

IMG_1845.jpg








ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170910151214 | 編集

2017/08/19 

IMG_1819.jpg


真鯛:西・東両方のポイントで釣れるもサイズはmax32cm 
32cmは西のポイントにて。 リリース5-6枚

黒鯛:42cm西のポイント50mくらいにて。ちょいと上の棚にて。

アマダイ:東のポイントにて35cm 西のポイントにて2匹

キジハタ:東のポイントにて。アマダイポイント外れた所にて。

ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170826075712 | 編集

2017/08/13 5:50-10:30 表層27.5-28℃

前日に能登内浦まで今後のアオリイカ時期の確認をしに
ドライブがてらアジ狙いへ。

やっぱりアジングには厳しい時期でしたが現状を見てこれたので
秋シーズンに生かしたいです。

そんな事もあり23時頃帰宅したので夜のうちに積み込んで
4時起きと言う事もあり若干いつもより遅れてスタート。

海は想像よりは全然濁ってなくて真鯛狙いからスタート。

2時間位やりましたが魚信は2‐3回で乗らず鯛かどうかも・・・

プチ移動して探してみる事にしました。

浅い場所から始めてとりあえずキジハタでもと言う事で始めると
ポツポツ釣れてきます。

胃袋が出てないのはサイズ見てリリース。

ひたすら流されて魚信を待ちますと先ほどまでは無かった
ベイトの反応と青物っぽいお魚マーク。

底の方なのでタイラバで釣れるかもと思っていると嫁さんの竿が曲がってます。

見えた姿は46cmのツバラギ君でした。

とりあえずはストリンガー掛けてキープが出来ました。

深い場所も流されて行きましたがベイト反応も無くなり
大きく場所移動しようと言う事で移動。

移動先では風があまり無く少々体感温度UP。

太陽も顔を覗かせ暑いなぁ。

流し始めるとキジハタがポツポツ。

胃袋も出ているのでキープ。

そこから嫁さん独り舞台でアマダイ2連荘。

自分にはキジハタのみ。

鯛玉くらいしか違いはないのですが・・・

次回答え合わせしてみます。

当たりも少なくなりポイント探しに移動。

移動先に着くと海保の船が見えました。

検査しておられるようでこちらに近づいてきます。

忘れ物は無いのですがやはり嫌なもんです。

明らかにロックオンして20mくらいの場所で見られてます。

嫁さんに手帳と免許準備してと言おうかと思った所で
嫁さんの竿が曲がりました。

またもやアマダイネットイン。

それを確認して海保の船は離れていきました・・・

魚釣れたんで気を使ってくれたのか4月に臨検したので
まぁいいかーで移動したのか?は定かではないですが。

移動先で一気に食卓が賑やかになり独り舞台でご満悦のようで
明日も来るだろうから早上がりじゃと言う事で撤収。

そして本日は天気悪くてお休み。

残念。

今回のアマダイは松笠揚げにしてみたいと思います。

IMG_1810.jpg



ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(4) | 20170814090925 | 編集

2017/08/05 5:00-10:00 表層27℃

少しづつ日の出も遅くなり少し余計に寝ることが出来て朝弱いんで助かってます。

出航前にゲッターさんと去年の真鯛の話をしてて、そろそろなんじゃないかね?
と言う会話がヒントになりました。

どらむろさんのセカンドシートは娘さんとのことで釣りに付き合ってくれるなんて
日頃のお父さんぶりが垣間見えるほのぼのした朝マズメでした。

いざ出航してポイント到着するとゲッターさんはキジハタの様子。

朝の会話と先日来、鯛めしサイズの真鯛が釣れてきていて本当にそろそろどうかな?
と思い少し深めの潮目を流されて行こうと思い釣り開始。

しばらくしてhit!巻いていると隣もhit!

自分は40弱のワニゴチ。ネットで針外していると隣は42cmのアマダイ。

IMG_1803.jpg


最近の嫁さんは何か持っているようでアマダイキラーです。

しばらくマゴチが食卓に並んでいたのでワニゴチ君はリリース。

潮目を流しているといい感じに当たりがあったりバラしたりと海の中も
いい感じになってきた様子。

そんな中で上手い事取り込みが出来て正体は真鯛と言う事がわかりました。

それからは当たりが無くなるまで流し直すとなんとか2人で5枚取り込むことが出来ました。
バラシも取れると10枚はいけたのではないでしょうか・・・

max32cmでした。

IMG_1804.jpg


ドラグが強すぎたのが乗り切らなかったりバラシの原因だった様子。

気づいたのは終盤でしたので次回に生かします。

当たりが途切れる頃に嫁さんに今日一番のhit!

叩いてる竿先は真鯛に似てるようですが真鯛なら
結構いいサイズでこのポイントでいいサイズの真鯛釣れるんじゃないか?
と期待していたら

IMG_1801.jpg

43cmの黒鯛でした。

タイラバでも釣れるとは他のブログで読んでたりしましたが
実際に釣れると、タイラバはなんでもいけるねーと関心しました。

ホタルイカパターンの時とどう違うのか?食味は興味があります。

当たりも無くなりマゴチポイントも近いのでどうしようか?
と会話になりましたがアマダイと真鯛と黒鯛で釣果的には不満無し。

マゴチは少し食べ過ぎたので今日はまだ姿を見ていないキジハタでも
探しに行こうと大移動。

移動先は若干波あり風強い、2km/h弱で流れるのでパラシュートアンカー入れて
流してみました。

割と早い段階でアマダイ小。

今日のキジハタ君はタイラバを嫌っているようです。

乗り切らない当たりはあるんですがそんな油断した状態で
タイラバを中層でアタックしてくる魚が。

巻いてると抜けたかな?と思う感じで軽くなったと思い回収だと思うと
まだ居たようでガンガンドラグ出して潜っていく様子。

フクラギでも釣れたかな?と言う感じでドラグ締めて巻き始め。

2‐3回いい感じで竿を絞り込んだ後は割りと素直に上がってきたのは

IMG_1798.jpg

85cmのスズキさんでした。

久々にランカーサイズの魚を見ましたがもう少し大きく見えました。

さてここでミニボートにありがちなこれどうすんだ?です。

イケスに入る訳でもなくクーラーboxにも入らない。

とりあえずストリンガーを使って〆ましたがその後。
クリートに括って引っ張ってもう一流しだけしようと言う事で
流し直すも反応無しで無念?の早上がり。

土曜日なので昼の潮止まりまでやりたかったんですが
船の上に上げて干からびさせる訳にもいかずで。

風も出てきてみなさん沖上がりされてましたんで
いい潮時だったようです。

スズキもウェーダーを入れているケースに
なんとか収まり持ち帰り出来ました。

久々に海で釣ったスズキさんが楽しみです。






ジグ/タイラバ/ティップラン | コメント(0) | 20170806071246 | 編集
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
    © 2017 NEO330 SeaBoy jr Lightとボートエースで何が釣れるかな?  Designed by 意地天